2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.06.19 (Sun)

開業科を併設するマンツーマン料理教室。企業さんのご依頼も様々です!

6月は「明治おいしい牛乳」タイアップレッスンを行っています (‐^▽^‐)

写真は一般クラスの生徒さんのお料理。

完全オーダーメイドで生徒さんがやりたいことが学べる料理教室。

それぞれ内容が違います。

「明治おいしい牛乳」を使い、
ほうれん草のポタージュと共に
私が考案した「かぼちゃの簡単グラタン」を試食。

簡単にとろ~りしたホワイトソースが出来るレシピをご紹介 (^-^)/
(近日、レシピはアップしま~す!)

皆さんは「明治おいしい牛乳」は飲まれたことがありますか?

当教室の生徒さんからは

「この牛乳美味しいですよね。いつも飲んでいます。」

「他の牛乳とは違いますよね!」


などととっても好評 (≡^∇^≡)

中には「私、スーパーでこの牛乳の試飲販売していました。」
なんて生徒さんも!

まだ、飲んだことがない方は是非、お試し下さい (o^-')b

P6160130.jpg
本日のメニュー:ひじき入りおいなりさん(ひじき煮/新生姜の甘酢漬け)
          豚の角煮/イサキの有馬焼/即席漬け
          明治おいしい牛乳を使った2品

P6100128.jpg
本日のメニュー:パラパラチャーハン/麻婆豆腐/バンバンジー
          アジのかば焼き(3枚下しの練習付き)
          明治おいしい牛乳を使った2品

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
10:23  |  本日のレッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.24 (Sun)

千利休が茶の湯に使った水「京の柳水」で出汁(だし)をひく。

和食は出汁が命。日本では軟水で出汁をとるのが基本。

ひと言に軟水といっても色々あります。

水を変えると出汁にどのような違いが出るか?

「京の柳水」と「浄水器使用の水道水」でひいた出汁を飲み比べ (*^▽^*)

2つの鍋を用意し、
それぞれ同条件(水・昆布・鰹節の量、火加減、時間など)で出汁をひきます。

お味見は生徒さんに。

先入観なしに味の違いを感じて欲しいので、
どちらが「京の柳水」かは伝えません。

結果は・・・
味の違いが明らか!!
「京の柳水」でひいた出汁はカドがなく、鰹と昆布がより調和して上品な印象でした。

京料理の上品なお味はこのような水がベースだからなのでしょうか!?

P5230054.jpg

そのまま飲んでもマイルドでとても美味しい

出版社をされている方がプロデュースされたとのことで
ラベルがまた面白いですね(=⌒▽⌒=)

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ
にほんブログ村
16:00  |  本日のレッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.03.21 (Sat)

「和食の料理教室」 春のお料理レッスン ( ´艸`)

レッスンについての書き込みをしていないだけで

自宅での料理教室もきちんとやっています (*゚.゚)ゞ

今回は7品のお料理を一皿に盛り付けてみました (^ε^)♪

生徒さんは好きな器を選び、自由に盛り付け !


msI_f9BEDdZLMpN1426905447_1426905509.jpg

「最後はこんな感じにするとより良いのでは?」と

1品あたりの数や料理の置き方など細かいところを少しだけ治しますが、

どの方もとても上手 o(^▽^)o

T9dC18lMcwMooiR1426905602_1426905613.jpg

当教室はお一人ですべての作業ができるというのが特徴。(多くても2人)

なので上達がとても早いのです (^∇^)

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ
にほんブログ村
13:38  |  本日のレッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.11.20 (Thu)

魚臭くない、身がバサバサしない「ブリ大根」を美味しく作るこつ。

急に寒くなったせいでしょうか?

初心者・上級者に関わらず、ブリ大根を美味しく作りたいというリクエストが増えました。

作ったことがある方のお悩みは
「何だか魚臭くなる。」「魚の身がバサついた仕上がりになる。」というところでしょうか。

「ブリ大根」を美味しく作るポイント

◎ 鮮度がよく脂ののったブリを選ぶ。

◎大根は下茹でまたはレンジで加熱して柔らかくする。

◎ 調理前に塩を適量(塩焼きと同じくらい)ふり水分が出てくるまでおく。

◎ 湯が沸いた鍋にブリを入れ、霜降りをする。(湯をかける程度は×)

◎ 流水で血が固まっている部分、残った内臓をしっかり洗い流す。

◎ 日本酒をたっぷり入れた煮汁で煮る。(料理酒は塩や添加物が入っているので×)

◎ なるべく短時間で仕上げる。(加熱時間が延びると魚臭さがでやすくなります。)

◎ ブリを取り出し煮汁だけ煮詰めて仕上げにかける。


どれも大事なことばかり!

PB200275.jpg
写真は本日のレッスン。ブリ大根もおしゃれに盛るとこんな感じ。

12月に私が講師を務める都の食育講座「脳をイキイキさせる食事を作ろう!」でも
定番和食を美味しく作るコツもご案内出来たらいいなぁと思います。

受講希望が多いため抽選となるようですが、ご興味のある方はご応募お待ちしています!

締め切りは11月25日です。お早めに(^-^)/

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ
にほんブログ村
17:06  |  本日のレッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.08.21 (Thu)

市川の梨。初物です!

8か月前、新しい家族が誕生した方から。
お忙しいのに恐縮してしまいます。

P8210173.jpg

最近、小さなお子様がいらっしゃるお母さま方からの入会希望が絶えません。

「自分たちだけなら適当でもいいのですけど、子供にはきちんとしたものを食べさせたいです。」
とおっしゃる方が多いのです。

食育の重要性が広まってきたのは嬉しいこと。

でも、大人こそきちんとしたものを食べることが大事!

大人が健康や栄養に対する正しい知識を身につけ、食材を買う。外食する。

体に悪いおかしなものが世の中に氾濫しなくなる。

→色々な意味で世の中が良くなる。


ずっと入会待ちが絶えなく、ご入会いただける方はわずか。

もっと多くの方に

基本の和食、美味しい家庭料理、野菜たっぷり・体に良い料理

を知ってい頂けるよう、

依頼による外部の料理教室、食育栄養講座を増やしていく予定です≧(´▽`)≦

にほんブログ村 料理ブログ 和食・日本料理(レシピ)へ
にほんブログ村
23:23  |  本日のレッスン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。